コンピュータについて学ぶブログ

コンピュータ関連以外のことも書きます

Linux入門 #1 Linuxとは何か?

今回は、Linuxとはどういうものなのかということを大雑把に紹介したいと思います。

Linuxとは

Linuxという言葉は、狭義にはLinuxカーネルというLinuxの中核部分のことを指し、広義にはLinuxカーネルを用いたOSのことを指します。

Linuxは1991年にリーナス・トーバルズ氏によって開発され、そこから現在に至るまで発展してきました。

Linuxのホームページによると、Linuxスマートフォンから車、スーパーコンピューター、家電製品、家庭用PC、企業のサービスなどあらゆる場所で使われているOSだそうです。 身近な例でいうと、スマートフォンのOSのAndroidLinuxをベースにしたOSです。

Linuxの大きな特徴はオープンソースである点です。Linuxカーネルソースコードが公開されています。これが、WindowsMacOSなどといったOSとの大きな違いです。 また、無料で使うことができるのですぐに仮想環境やパソコンにインストールして簡単に使い始めたりすることができます。

Linux ディストリビューションとは

Linuxについて調べていると、Linuxディストリビューションという言葉がよく出てきます。

まず、ディストリビューションとはどういう意味でしょうか? 辞書で調べるとディストリビューション(distribution)という言葉には「配布」「流通」「分配」と意味があると書いてありました。

Linuxディストリビューションとは、Linuxカーネルに一般ユーザーが利用しやすいよう様々なソフトウェアを追加したものです。 Linuxディストリビューションと一言で言っても、様々種類のLinuxディストリビューションが存在し、それぞれ付属するソフトウェアや見た目が異なります。 また、Linuxディストリビューションには「Debian系」「RedHat系」という2つの代表的な系列があります。

Debian

Debian GNU/LinuxというLinuxディストリビューションとその派生のLinuxディストリビューションのことを指します。

RedHat

RedHat社が開発したRed Hat Linuxや開発、販売しているRHEL (Red Hat Enterprise Linux)というLinuxディストリビューションとその派生のLinuxディストリビューションのことを指します。

有名なLinuxディストリビューションをいくつか紹介します。

Ubuntu

www.ubuntulinux.jp

Debian系列のLinuxディストリビューションです。

Ubuntuは世界中で2000万人を超えるユーザーが利用している*1Linuxディストリビューションです。Ubuntuは「ウブントゥ」と読むらしいのですが、私は、個人的に呼びやすいと思う「ウブンツ」と呼んでいます。

Linux mint

linuxmint-jp.net

Debian系列のLinuxディストリビューションです。

Linux mintUbuntuの次に広く使われているLinuxディストリビューションです。最新で、洗練されて、簡単に使える、強力なオペレーティングシステムを製作することを目的としています。

CentOS

centos.org

RedHat系列のLinuxディストリビューションです。

Red Hat社のRHELと機能的に互換性があることを目指したLinuxディストリビューションです。CentOSプロジェクトという有志のボランティアが開発しており、サーバーやデスクトップ環境としてよく使われています。RHELは有償ですが、CentOSは無償で使うことができる点も特徴です。

Kali Linux

https://www.kali.org/

Debian系列のLinuxディストリビューションです。

このLinuxディストリビューションは少し変わっていて、ペネトレーションテストに特化しています。ペネトレーションテストとは、システムに実際に侵入を試みることで脆弱性が存在するかテストするというものです。

ほかにも様々なLinuxディストリビューションがあるので、興味があれば調べてみると面白いと思います。

まとめ

今回は、Linuxとは何かということやLinuxディストリビューションについてまとめました。次回はLinuxのユーザーやグループなどについてまとめていきたいと思います。

参考リンク

*1:Ubuntuのホームページ(Homepage | Ubuntu Japanese Team)より